スズメバチを退治する

作業員

退治する際の注意点

嫌な虫の代表といえば何と言っても刺されると痛い蜂でしょう。特にスズメバチは凶暴で毒性も高く、万が一刺されると命の危険もあるため、駆除する際には注意すべき点がいくつかあります。まず、自分で駆除を行う場合には蜂の数も少ない小さな巣だけにしておきましょう。巣は大きくなると蜂の数も増え危険性も増します。また、大きな巣ができている頃には蜂は繁殖期を迎え、攻撃性も更に高くなっている場合が殆どです。そのような場合には駆除のプロに頼むようにしましょう。駆除時の服装は刺されることを前提に考え、十分に体を防護できるものを選びます。スズメバチの攻撃はしつこく、何度も刺してきます。できれば厚みのある専用の防護服を着用するのがお勧めです。また、頭や首、足なども忘れずにしっかりと隠すようにします。

寄せ付けない方法

そもそもスズメバチが寄ってこなければ、退治する必要もありません。それにはどのような方法があるでしょうか。例えば蜂が好まないものとして香りの強いハーブなどが挙げられます。例えばペパーミント、ローズマリー、ユーカリなど、爽やかな香りを放つものが効果があるとされています。これらのハーブは蜂だけでなく毛虫やハエなどの虫除けにもなり、さらに普段の食生活などにも使えるのが嬉しいところです。また、その他にも木酢液を使う方法もあります。木酢液は無農薬農法などにも使われる害虫除けで、ホームセンターなどで手に入れることが可能です。これを水で薄めてペットボトルなどに入れて置いておきます。これもまた蜂だけでなく虫全般が嫌うニオイなので、蜂以外の嫌な虫をも除ける効果があります。

根絶させることが大切

ネズミの駆除は專門業者にお願いしましょう。自分でやらなくて済むので、その方がとても楽です。それに危険も回避でききます。料金の比較が大切です。数十万円もかかるところがあるからです。後はこれまでの実績を参考にしましょう。

床下換気で家の被害を防ぐ

湿気が多いことで発生しやすい、害虫による家や人体への被害や、家の中のジメジメした不快感の対策に人気がある床下換気扇。製品によって搭載されている機能に違いがあります。家の広さで設置台数が変わるので、製品を選ぶ時には必要台数も考えておきましょう。

シロアリから我が家を守る

シロアリは住宅に使用されている木を求めて家の中に侵入してきます。木以外にもゴムや衣類等もエサにして住宅全体にダメージを与えるので駆除する必要があります。シロアリ駆除は個人でもできますが知識がない場合は専門業者に頼めば安心です。